ビジネスとして活用できるairbnbの投資方法

利用増加が顕著です

婦人

不動産オーナーにとっても、入居者にとっても、賃貸保証会社の存在について、気をつけておく必要があります。不動産オーナーにとっては、家賃未回収のリスクを軽減できることが一番のメリットですが、入居者が家賃を未払した場合に、賃貸保証会社の回収対応にトラブルがあったら、入居者が即退去するリスクが高くなります。入居者にとっては、期日に家賃を支払わなかったときに、賃貸保証会社から督促の連絡が度々入ることがあります。賃貸契約する時に連帯保証人をつける必要がありませんが、家賃を期日に支払うことができなかったら、督促の連絡が必ずあります。賃貸保証会社からの連絡でスムーズに家賃支払いができれば問題ありませんが、いつ払うのかといった話でトラブルになることもありますので、家賃は期日に支払うことがトラブル防止にもなります。

賃貸保証会社は賃貸不動産物件を管理する不動産会社や不動産オーナーが管理する家賃について、代理で回収することを中心に事業をおこなっていること特徴です。入居者が家賃を期日に支払わなかったときに、管理している不動産会社や不動産オーナーの代わりに家賃を回収することで、入居者の家賃未払を防止するために、賃貸保証会社の存在は、不動産オーナーや不動産オーナーの代わりに管理している不動産会社にとっては、ありがたい存在です。近年、入居者が賃貸物件に入居する時に締結する不動産賃貸契約において、家賃保証契約を締結することが増えています。家賃未払のトラブル防止策として、家賃保証契約を結ぶことは一般的になりつつあります。